シェフ(調理師)編-留学を使ってその道のプロになるシリーズ

オーストラリアでシェフ(調理師)になって永住権を目指すには?

留学を使ってその道のプロになるシリーズ、今日は、シェフ編です。そして今回のケースは、オーストラリアでシェフを目指す方、その経験を永住権などその後に生かしたい方に対しての内容となります。

 留学を生かして就職に結びつけるブログ記事トップ

≪留学を使ってその道のプロになるシリーズ≫

〇 英語教師編 〇 日本語教師編
〇 チャイルドケア(保育士、幼稚園先生)編 〇 シェフ(調理師)編
〇 看護師(正看護師)編 〇 看護師編2(アシスタントナース)
〇 マッサージ師編 〇 美容師(ヘアドレッサー)編 〇 自動車整備士編
〇 IT編 〇ビジネスマネジメント編

 オーストラリアへの留学は永住権への入り口になり得るリアル

日本人が持っている技術で海外で求められているものの代表的なものとして日本語教師があります。日本人でなければ成り立たない仕事ですので、分かりやすいと思います。また、すし職人などそういった技術のある方も、海外のいろいろな国で仕事ができるチャンスがあります。こちらも日本特有の技術であり文化なので、海外に需要があります。この様に日本人、また日本特有の技術や文化は、海外では希少であり、また多くの国で受け入れられ求められている内容なので、それらを使って海外で経験することは、引き続きオーストラリアにいたとしても、その後日本に帰国したとしても、他国に行ったとしても、働けるチャンスが広がるので、これからのグローバル時代にはとても有効に働くと思います。

この留学を使ってその道のプロになるシリーズは、お持ちの資格や経験を利用したり、新たに海外で関連する勉強をすることでそれを利用して、海外で働くチャンスをものにしたり、その経験をその後に生かすために関連する内容を取り上げるものです。因みに、手に職系のスキルを持っていたり、勉強をしたりすると海外ではいろいろと重宝される傾向があります。

私は、留学を使ってシェフ(調理師)になる!その後永住権を目指す!

良く、オーストラリアのシェフの資格を取って永住権を取得することを聞く方も多いと思います。ビザ取得条件は変わるのでその意味では何とも言い難いですが、このシェフの資格を取ってオーストラリアの永住権を取得されることは、日本人留学生にとって典型的な永住権を目指すプランです!チャイルドケアーと一緒で、オーストラリアで勉強するところから始めても永住権までつながる職種の代表的なものです(条件あり)。よって、日本との職歴からキャリアチェンジをされて狙われる方々もとても多いです。

もちろん、日本でのシェフの資格や経験を持っている方々が海外で活躍されることを考えて選択してもいいプランですし、オーストラリアの永住権狙いではなく、関連する資格を取って、今後、英語環境で働く経験を積んで、他国でシェフとして活躍することのステップとして利用されることも考えられます。

寿司職人を始め典型的な日本の技術を生かした海外での就労や永住権つながりとなるので、多くの可能性を秘めているプランとなります(他国での就労には、他国での就労ビザ取得条件なども有)。

今、日本は、コロナ禍の影響でなかなか調理師の仕事取得は簡単ではないと思いますが、通常時期も含めてその賃金は様々なようで、アルバイト的ことから、正社員として雇われている場合も20~30万円/月収から50万円以上/月収のポジション等もある様です。従って、状況により調理師の年収は200万から1000万円など幅広く存在しているようで、2018年度の厚生労働省の発表によると342万円/年ほどの様です。従って、平均収入を見た時には、他の業種と比べて少し低い傾向がある職種の様です。当然働く環境により異なりますのであくまでも平均値でありサンプルです。

オーストラリアで、仕事を探すときによく使われるサイトの一つにSeekというものがあります。こちらを開いて例えばWhatのところにchefやJapanese chefなど関連する仕事名を入れてみると、多くの求人があることがわかると思います。また、収入や条件なども見ることができると思いますので、興味のある方は見てみるといいと思いますが年収6万ドル程度(480万円、1豪ドル=80円で計算をした時)なので、決して悪くない待遇です。また、オーストラリアは基本的に残業はないですので、その意味でも日本と比べるといいかもしれません。
※こちらはあくまでもサンプルで、これ以下もこれ以上も多数あります。大事なことは資格を持っていることと経験になると思います

さて、冒頭でシェフはオーストラリアにおいて永住権が狙える職種として紹介をしていますが、それは、オーストラリアにおいてまだまだ求められる職種だからです。その理由として

〇 慢性的な人材不足のフィールド

という事があります。この事があるので、日本人含めて外国人でも仕事をしてくれるのであればとても助かるという背景があり、従って、永住権が取れるまでの職種として挙げられています。永住権まででなくても就労ビザに関しても中長期的に不足が予想される職種としてカテゴライズされているので、4年間の就労ビザが取れる職種でもあります(短期的に不足が予想される就労ビザは2年間まで)。

また、技術さえ身に着けてしまえば、日本人でなくてはいけないことはありませんが、寿司やラーメンなどに代表されるような日本食は、人気があり、やはり日本人が握ってくれたりした方が良いでしょうし、オーナーからも日本人というだけで採用にはアドバンスになる傾向もあると思います。

これらの事は日本人特有の

・人に何かを施す仕事に慣れている国民性
・丁寧で真面目な仕事ぶり

なども評価されていると思いますので、日本人自身がこれらのスキルをもって、また職歴を積むことで、就労ビザ経由で永住権まで狙える可能性の高い職業となり、それが典型的なプロセスです。

大事なことは、資格があること(コマーシャルクッカリーCertⅣ)、その後に職歴を2年間フルタイムで持っていることで就労ビザに結び付いていきますので、その事と、当然雇ってくれるスポンサーが必要となります。従って、シェフにおいて、資格取得×職歴2年間×スポンサーがキーワードとなります。

もちろんそれぞれのビザ取得には英語力など他の条件もあるのでそれらをクリアーすることが必要です。

オーストラリアで日本人シェフ(調理師)へのプロセス

上記の通りに、シェフの仕事はオーストラリアで不足している職業の一つなので、就労ビザや自力での永住権なども狙える職種として挙げられています。また、卒業生ビザも取れるので、その期間中に仕事経験が積めることもとても有益な職種です。以前挙げたマッサージ師は、この卒業生ビザも取れませんし、基本的に自力での永住権も難しいです。従ってこのように職種がなんであるかで、ビザ上の利便性が変わってきますが、シェフ(調理師)はこのこともあるので、日本人の方がキャリアチェンジをしてまでも対応をされていく方も多い職種となります。

さて、以下には、このシェフの職種を使ってオーストラリアの永住権が取得できるサンプルプロセスをお話したいと思います。ただ、これは必ず永住権を取って下さいという事でもなく、その前の卒業生ビザや就労ビザなどで英語環境で経験を積んだり、資格のみを取ってその後帰国して日本で働くという選択でも問題ありません。そして、他国で働くステップとして考えてもいいと思います。ご自身の状況や希望によりこれらは変わってくると思いますので、あくまでも一つのサンプルとしてご覧ください。

なお、将来、日本でもオーストラリアでも他の国であっても英語環境の中でシェフ(調理師)として働いていくのであれば、資格取得×経験年数×英語力が、この職種であっても大事となります。当然同様に雇ってくれるスポンサーがいることが前提となりますが、英語力があることで、一緒に働いている他のスタッフへの指示もできるようになるでしょうし、寿司職人などは、英語話者のお客様との直接のコミュニケーションが必要な場合なども重宝すると思います。日本で働く場合でもその英語力があることはきっとアドバンスに働く可能性があります。

また、実際にはこのシェフの資格を取るためにコマーシャルクッカリーというコースを専門学校等で取得する必要がありますが、入学にあたって、IELTS5.5以上の英語力がその時点でも必要です。以下のサンプルは、それらの英語力も高めていく方々に対しての一つのプランです。

ワーキングホリデービザでオーストラリアに渡航、英語の勉強等
②オーストラリアの専門学校でコマーシャルクッカリー(Commercial Cookery)に関わる専門分野の勉強(入学にはIELTS5.5以上などの英語力要)
③通常、Diploma of Hospitality Managementまで(またはそれ以上)の合計2年間以上の就学期間が必要
④コマーシャルクッカリーⅣが終了後の職歴としてその後の就労ビザを取得するには2年間以上の職歴が必要
⑤就労ビザ以上を目指すならその職歴を作る必要あり
⑥通常は上記DiplomaやAdvanced Diploma含めて就学し、その期間にシェフに関連する職歴を積む
⑦その後可能であれば卒業生ビザ(1.5年間)が申請できるのでそこでも職歴を積む
⑧職歴がフルタイムでトータルで2年間以上積めるとTSS就労ビザの申請の可能性があり、その後雇用主指名からの永住権等への取得へ
※各ビザ取得には英語力などその他の条件もクリアーする必要あり

以上の様に永住権まで狙うのであれば、まとめると、

シェフ(調理師)のコースで永住権まで行く場合のサンプルプロセス

▼Commercial CookeryⅣ+Diploma of Hospitality Management以上の就学(合計2年間以上)
▼卒業生ビザの申請及びその取得(1.5年)
※卒業生ビザを取得するには査定団体TRAのProvisional Skills Assessmentをパスする必要がある
※Commercial CookeryⅣ修了後から2年間の関連する職歴を積む
※上記Diplomaの就学中や卒業生ビザの時などを利用して2年間以上の職歴を作る
▼TSS(Subclass482)の就労ビザを申請しその取得(4年間)
▼就労ビザ期間中の3年間を経過することで雇用主指名の永住権(ENS)を申請

大事なことは、Commercial CookeryⅣ後に、関連する職歴を2年間フルタイムで作ることとなります。それを学生ビザの時には最大でパートタイムだと思いますので、半年間のDiplomaのコースであればフルタイムで0.25年(半年間でパートタイムのため)、卒業生ビザで1.5年の合計で1.75年となりまだ2年間に足りません。

従って、Advanced Diplomaのコースに行ったり、Diplomaのコースが終わった後に学生ビザでの有効滞在期間は2か月間あることが多いので、そこでフルタイムで働いたり、卒業生ビザを申請してから取得するまで審査期間があるのでそこでもフルタイムで働いたりして、合計で2年間以上となるように職歴を作ることが実際に考えられる内容となります。

いずれも上記の期間をこなせば、必ず認められる事ではないですので、あくまでもサンプルの方向性としてご参考下さい。

なお、このブログを書いているときには大丈夫ですが、基本的に、いつものように、Skilled Occupation List(SOL)に載っている職業であることが大前提となります。このSOLのリンクをクリックするとSearchという枠の中に、例えばchefなどと入れると、

  • 186 – Employer Nomination Scheme visa (subclass 186)
    report caveats apply
  • 189 – Skilled Independent (subclass 189) – Points-Tested
  • 190 – Skilled Nominated (subclass 190)
  • 407 – Training visa (subclass 407)
  • 485 – Temporary Graduate (subclass 485) – Graduate Work
  • 489 – Skilled Regional (Provisional) visa (subclass 489) – Family sponsored
  • 489 – Skilled Regional (Provisional) visa (subclass 489) – State or Territory nominated
  • 482 – Temporary Skill Shortage (subclass 482) – Medium Term Stream
    report caveats apply
  • 187 – Regional Sponsor Migration Scheme (subclass 187)
  • 494 – Skilled Employer Sponsored Regional (provisional) (subclass 494) – Employer sponsored stream
  • 491 – Skilled Work Regional (provisional) visa (subclass 491) State or Territory nominated
  • 491 – Skilled Work Regional (provisional) visa (subclass 491) Family Sponsored

などがこのシェフから狙えるビザとなりますが、一般的には学生ビザ⇒卒業生ビザ(Subclass485)⇒就労ビザ(Subclass482(TSS))⇒雇用主指名の永住権(Subclass186(ENS))という上記の流れが、日本での資格保持や職歴がない場合は、スムーズかと思います。

尚、就労ビザ482が、Medium Term Streamと書いていますが、この事も重要な内容です。このMedium Term Streamでないと卒業生ビザ取得対象の職種とは基本的になりませんし、就労ビザも4年間とならないので永住権まで結びつかないです。よって、その時のビザ条件の状況にもよるのでその点も注意して臨んでください。

因みに上記はシェフの経験がない方やオーストラリアでキャリアチェンジをしてシェフを通じて永住権を狙う方に対して典型的なストーリーとなりますが、既に職歴などがある方でポイント制の永住権などで申請する方もいらっしゃると思いますが、その場合などは、この職種の査定団体TRAで査定をパスすることも必要ですので、いろいろなケースがあることも付け加えておきます。

 【解説】オーストラリアの永住権、就労ビザ取得の概要を知る

未経験の方が、シェフという職種を通じて永住権を狙うには、従って、Commercial Cookeryのコースを取る必要があります。

 オーストラリアのシェフ系の専門学校
SBTA(The Sydney Business and Travel Academy)

この学校はシドニー市内にキャンパスを持ち、自前の調理器具や機材がそろった実習施設持っているので、そちらで実習などもできるこのシェフコースにおいて、人気の学校です。

通常、コース修了後に卒業生ビザや就労ビザ、永住権を目指すにあたって、このコースにおいては、

CERTIFICATE IV IN COMMERCIAL COOKERY
Diploma of Hospitality Management

のコースを最低終了しておくことが必要です。また、プラスして

Advanced Diploma of Hospitality Management

まで取る方もいらっしゃいます。

・CERTIFICATE IV IN COMMERCIAL COOKERY
(7学期=約1年9か月間)$2995/学期(20965ドル/コース、1677200円)
・Diploma of Hospitality Management
(2学期=約6か月間)$1395/学期(2790ドル/コース、223200円)
・Advanced Diploma of Hospitality Management
(3学期=約9か月間)$1395/学期(4185ドル/コース、334800円)
※1豪ドル=80円で計算をした時
※他入学金、教材費、ユニフォーム代等あり
※2021年6月までのキャンペーン価格適用

因みにこのコースは、通常週2~3日程度の就学です。それ以外の時には学生ビザの条件の範疇で、関連する仕事などでアルバイトも可能です。特にCertⅣ以降の期間には十分に関連する仕事で職歴を積むことが大事となりますので、そのつもりで取り掛かってください。

また、もっと言うと、その前からアルバイトをさせてくれるところ、将来スポンサーになってくれそうなところを見極めたり、確認したりしながら、そこで一所懸命働き、オーナーからの信頼を得ることも最終的にスポンサーとなってくれることにもつながりますので、早目早目にその対応をしてしっかりとその先につながるような見極めと経験が必要となると思います。

尚、このシェフのコースを持っている専門学校は、永住権が狙えるコースでもあるので多くの専門学校で設定があります。他に代表的な学校として、Evolution Hospitality InstituteKenvale Collegeなどがあります。こちらはシドニーの学校ですが、当然他の地域にも多くの専門学校等がありますのでお気軽にお尋ねください。

いかがだったでしょうか。上記はオーストラリアでシェフとして、卒業生ビザから就労ビザを経て永住権にまで行くサンプルプロセスとして紹介をしました。もちろん他の資格と同様で、別にオーストラリアにいなければいけないことはないですし、ビザの事ですから、こちらを保証をするものでもないです。

資格取得後や卒業生ビザ中での仕事経験を生かして、帰国して英語話者など外国人が良く来るレストラン等で働いてもいいですし、その資格と経験と英語力を生かして他国で働いてもいいと思います。

ただ、いずれも場合でも大事なことがスポンサーがいる前提で、資格取得×経験年数×英語力となるので、それをしっかりとご自身が目指すところまでで身に着け、そしてそれさえあれば、上記の様な多くの可能性が出てくると思います。よって、将来シェフの資格を取って海外や日本でも働きたい、オーストラリアに来てからこういったプロセスがあることに気が付いたなど、計画やタイミングはそれぞれだと思いますが、いずれにしてもその時点からしっかりと留学を生かして計画立てれば、可能性は十分にありますのでどうぞ一つの参考とされてみて下さい。

もちろん状況により個々で異なると思いますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

▷▷▷ ジャパセンへのお問い合わせはこちら

 ワーホリで3年間 and more オーストラリア滞在計画
▶ ワーホリから学生ビザに切り替えようと思った時に読むブログ
 オーストラリア永住権取得への道
 IELTSアイエルツを良く知ろう!概要と使い道と効能

オーストラリア

ジャパセンは、オーストラリア専門の留学エージェント

ジャパセンは、長年、留学エージェントとして運営してきています。上記の様な必要な情報を多く兼ね備えていますし、その情報を基に皆さんのご希望に沿った適した学校の案内を得意としています。

一般英語、J-shineなどの英語教師の資格、ケンブリッジ検定試験、IELTS、ワーキングホリデーの方用のお得なコースなどの英語学校の紹介はもとより、その先の進学、専門学校も対応をしています。ビジネス系の学校に行きたい、手に職系の学校に行きたい、永住権につながるコースの選択など、皆さんの現状と目的に沿った学校紹介をしています。

また、ジャパセンは、オーストラリアのTOEIC公式テストセンターに認定されており、TOEIC公式テストの運営や点数アップのためのTOEIC集中講座オーストラリアでも加入ができる留学生保険・OSHC学生保険の代理店帰国後の就職に向けての各種インターンシップ日本の人材紹介会社ホームステイの独自手配など留学に必要な多くの事を手掛けています。また、日本語教師を育てるための日本語教師養成講座を開講オーストラリア人日本語学習者への日本語学校運営及び日本への留学についても取り扱っている会社です。

また、日本には東京と大阪にオフィスを持っているので、日本でもオーストラリアでもサポートができる会社です。

留学に向けて大事なことは、まずは留学をしたいことの目的は何か、それにより将来どうされたいか、などだと思います。ジャパセンではそちらをお伺いして、その目標に沿ったプランを提示させて頂きます。そこには渡航の準備もあるでしょうし、ビザの知識も必要です。また、各学校の特長(地域、授業料、システム、雰囲気など)などもお伝えしながら、良い留学になれる様に、良いコース選択ができる様にサポートをしています。

これから渡航をしようと考えている方、現在オーストラリアに滞在中の方、ワーホリビザを持っていて、その後、学生ビザでオーストラリアでの滞在延長を考えている方など、多くの状況があると思いますが、ジャパセンでアップしているブログ記事ホームページなど参考に、何かあればどうぞお気軽にご相談ください。適切な内容を紹介させて頂ければと思います。

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンはオーストラリア専門の留学会社

ジャパセン オフィス

【日本からオンラインで英語を学習する】

 オンライン学習でジャパセンができる事!
 日本からオンラインで語学学校の英語を受講するメリット

【ジャパセンの語お学学校・専門学校情報】

◇ 語学学校・専門学校情報トップ
◇ オーストラリアの地域(エリア)から選ぶ
◇ 語学学校から選ぶ(目的別英語コースの紹介
◇ 専門学校から選ぶ(ビジネスコース、クッカリー、ビューティーコースなど)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

〇 語学学校・専門学校最新情報ブログ記事
〇 今月のキャンペーン
〇 最初の留学にはホームステイがお薦め
〇 留学を決めたら留学生保険

 オーストラリアに行って見学してから学校を決める方法!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンのオフィスはこちら
 各種無料説明会情報

◇ 就活にアピールできるインターンシップ(企業インターン、ホテル有給、スクールインターンなど多数)
◇ 就活に必須!TOEIC730点以上を目指せ!集中講習と公式テスト
◇ 日本就職サポート(無料登録、英語環境に特化した仕事先を紹介)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*

あわせて読みたい