マッサージセラピスト編-留学を使ってその道のプロになるシリーズ

オーストラリアでマッサージ師(セラピスト)になるには?

留学を使ってその道のプロになるシリーズ、今日は、マッサージ師編です。そして今回のケースは、オーストラリアでマッサージ師を目指す方、その経験をその後に生かしたい方に対しての内容となります。

 留学を生かして就職に結びつけるブログ記事トップ

≪留学を使ってその道のプロになるシリーズ≫

〇 英語教師編 〇 日本語教師編
〇 チャイルドケア(保育士、幼稚園先生)編 〇 シェフ(調理師)編
〇 看護師(正看護師)編 〇 看護師編2(アシスタントナース)
〇 マッサージ師編 〇 美容師(ヘアドレッサー)編 〇 自動車整備士編
〇 IT編 〇ビジネスマネジメント編

 オーストラリアへの留学は永住権への入り口になり得るリアル

日本人が持っている技術で海外で求められているものの代表的なものとして日本語教師があります。日本人でなければ成り立たない仕事ですので、分かりやすいと思います。また、すし職人などそういった技術のある方も、海外のいろいろな国で仕事ができるチャンスがあります。こちらも日本特有の技術であり文化なので、海外に需要があります。この様に日本人、また日本特有の技術や文化は、海外では希少であり、また多くの国で受け入れられ求められている内容なので、それらを使って海外で経験することは、引き続きオーストラリアにいたとしても、その後日本に帰国したとしても、他国に行ったとしても、働けるチャンスが広がるので、これからのグローバル時代にはとても有効に働くと思います。

この留学を使ってその道のプロになるシリーズは、お持ちの資格や経験を利用したり、新たに海外で関連する勉強をすることでそれを利用して、海外で働くチャンスをものにしたり、その経験をその後に生かすために関連する内容を取り上げるものです。因みに、手に職系のスキルを持っていたり、勉強をしたりすると海外ではいろいろと重宝される傾向があります。

私は、留学を使ってマッサージ師(セラピスト)になる!

日本では、マッサージ系の仕事というと、マッサージやリラクゼーション系のマッサージなどの仕事があると思います。よくあるものとして、あん摩マッサージ、指圧師、整体ボディケア、リンパマッサージ、治療マッサージ、リフレクソロジー、小顔矯正、アロママッサージ、鍼灸師、柔道整復師などです。

また、オーストラリアに来てからマッサージ師を目指す方には、過去の経歴として、エスティシャン、美容師アシスタント、アロマセラピー、化粧品販売など美容系の経験がある方も多いようです。

このマッサージ関係の仕事がオーストラリアなどの海外ではどうなのかという事ですが、海外に行かれたことがある方は想像できると思いますが、指圧、リフレクソロジーなどは、街のいたるところや、ショッピングモール内にも多く存在しています。また、シティ内やリゾートのホテル内やスパなどでのスパセラピスト(マッサージ/ビューティー)なども恐らく想像しやすいと思いますが、結構そういった個所は存在しています。

オーストラリアで、仕事を探すときによく使われるサイトの一つにSeekというものがあります。こちらを開いて例えばWhatのところにmassage therapistなど関連する仕事名を入れてみると、多くの求人があることがわかると思います。また、収入や条件なども見ることができると思いますので、興味のある方は見てみるといいと思います。

こういった環境の中で、日本人マッサージ師が海外で重宝される理由としては、いくつかあります。

・丁寧な仕事ぶり
・人に何かを施す仕事に慣れている国民性
・ホスピタリティ精神に長けている
・指圧、リフレクソロジー(足裏マッサージなど)などの既存文化

これらの内容は日本人特有のものであり、日本人の長所です。よって、資格さえ手に入れてしまえば、また経験を積んでさえいれば、オーストラリアでもこちらのスキルを使って仕事をしていく事は十分に可能であり、日本人自身を生かせる仕事の一つとなり得ます。

オーストラリアで日本人マッサージ師へのプロセス

感覚的なことなので一概には言い切れませんが、印象として、これまで対応をしている中で、もともと日本で経験や資格を持ちその後にオーストラリアに来られて対応をされた方というよりも、オーストラリア含めて海外で生活している中で、このマッサージがオーストラリア(海外)で有効であったり、自分自身が海外で過ごしていくための手段として有効であったりなどに気が付き、このマッサージに関連する専門コースを修了しその後に仕事等に結び付けていく方が多い様な気がします。

よって、経験がゼロベースであっても海外で少しでも長く生活をしていく手段としてこのマッサージを選択している人も結構いるのではという印象です。

それまでのキャリアはいろいろなケースがあり得ますが、資格や経験があるのなら、ワーホリや学生ビザの範疇の中で雇用主さえいれば、またはご自身で対応をされたりして進めていく事ができるのではと思います。

一方で上記の通りに、未経験の方がオーストラリアを介して初めてこの道に入る方々もいます。その場合は、将来働いていけるための資格取得が必要ですし、英語話者相手に仕事をするようになると思いますので使える英語力の習得も必要です。以下は未経験の人の一つのサンプルプロセスです。

ワーキングホリデービザでオーストラリアに渡航、英語の勉強等
②オーストラリアの専門学校でマッサージに関わる専門分野の勉強(入学にはIELTS5.5以上などの英語力要)
③2年間の就学期間を利用して関連する仕事のアルバイト実施
④その後可能であれば就労ビザ等への取得へ

こういった経緯でオーストラリアで活躍をしている方々がいます。また、この経験を生かして帰国して開業をされたり、他国へ行って対応をされたりしている方々もいます。要は英語を使いながら施術できる資格を持ち、その経験を積んでいるとその後にどのような環境であっても対応ができ得る環境となると思います。

≪マッサージ師として対応をしていくときの基礎条件≫

◎仕事でつかえる実践的な英語力
◎マッサージ関連の資格取得
◎その経験

▶ オーストラリアのマッサージ系の専門学校
Australasia International School(AIS)

この学校はマッサージ系では長年の歴史があり、授業料も安く、日本人も多く学習している学校の一つです。一般的には以下の2つのコースかプラスしてその後のサロンをマネジメントできるように、この後にDIPLOMA OF SALON MANAGEMENT(1500ドル/学期、5学期間)を付ける方も多いです。

ポイントとしてはその後のオーストラリアでの仕事に結び付けていけれるようにディプロマの資格を取ることです。この資格がないと一般的には仕事を取得する事はできません。また、その後に就労ビザなどに結び付いていく可能性もあります。もちろん、資格取得と経験を積んで日本帰国後にそれを生かして仕事をしている方々も多いです。いずれにしても大事なことは、資格があること、経験があることと英語を使って仕事ができることが、ご自身の武器となってその後に役立てられることとなります。

・CERTIFICATE IV IN MASSAGE THERAPY
・DIPLOMA OF REMEDIAL MASSAGE

・Certificate III in Hairdressing(3学期=9か月間) $1900/学期(5700ドル/学期、456000円)
・Diploma of Salon Management(6学期=1.5年) $1900/学期(11400ドル/年、912000円)
※1豪ドル=80円で計算をした時
※他入学金、教材費等あり

資格と技術(経験年数)と英語力でその後を目指す!

この資格と技術(経験)と英語力があれば、オーストラリアでも日本でも他国でも、独立含めていろいろと対応ができる可能性が十分にあります。この内、オーストラリアや他国で働く場合は、当然働けるためのビザ取得が必要ですので、その点のクリアーも考えておかなければなりません。

以下には、オーストラリアで対応をしていく一つのサンプルをお知らせします。因みにこのマッサージ関連の仕事は、現在のところオーストラリアでは、直接に永住権に結び付く職種ではありません。就労ビザを取れる可能性はあり、またそこから永住権へとつながる可能性はあります。ただ、これらのプロセスは簡単ではありませんので、まずは可能性のある就労ビザに関連してお話をしてみたいと思います。

就労ビザをパスする最低の基本条件

Skilled Occupation List(SOL)に載っている職業であること
〇スポンサーがいること
〇関連する職業の経験が2~3年あること

上記Slilled Occupation List(SOL)のリンクをクリックするとSearchという枠の中に、例えばMassageなどと入れると、以下の様に出てきます。

Massage Therapist 411611
Assessing Authority VETASSESS
※職種の隣の数字はANZSCOと言って各職種に割り当てられた番号です
※Assessing Authorityというのは、この職種を査定する査定団体です
※下の数字はSubclassと言って各ビザの番号となります

  • 190 – Skilled Nominated (subclass 190)
  • 407 – Training visa (subclass 407)
  • 489 – Skilled Regional (Provisional) visa (subclass 489) – State or Territory nominated
  • 482 – Temporary Skill Shortage visa (subclass 482) – Short Term Stream
    report caveats apply
  • 187 – Regional Sponsor Migration Scheme (subclass 187)
  • 494 – Skilled Employer Sponsored Regional (provisional) (subclass 494) – Employer sponsored stream
  • 491 – Skilled Work Regional (provisional) visa (subclass 491) State or Territory nominated

この表からまずは、Massage Therapistという職業が、SOLに載っている事がわかります。そしてその後に取得可能なビザがわかります。

 【解説】オーストラリアの永住権、就労ビザ取得の概要を知る

ここには永住権もありますがいろいろな要素が絡むので、現実的には400番台の就労ビザやトレーニングビザが可能性が出てきます。通常永住権や一部の就労ビザは、査定団体に査定してもらってそれらのビザが取れるに値する資格取得と経験があることを見てもらいます。例えばマッサージの経験も日本から持っている人などがいればそれもカウントしてもらえる可能性もありますが、未経験からオーストラリアで勉強を開始した方はそれらがないので難しい傾向があります。上記の査定団体のMassage Therapistを見てみると査定できる条件として(一部抜粋)

Massage Therapist (ANZSCO Code 411611)

This occupation requires a qualification assessed as comparable to the education level of an Australian Qualifications Framework (AQF) Diploma or higher and in a field highly relevant to the nominated occupation.

In addition to the above, it is essential for applicants to meet the following employment criteria:

  • at least one year of post-qualification employment at an appropriate skill level,
  • undertaken in the last five years,
  • working 20 hours or more per week, and
  • highly relevant to the nominated occupation.

post-qualificationと書いてあるので、この意味はDiplomaなどの資格取得後に少なくとも1年以上の仕事経験が必要となるので、学生ビザで勉強をした後に1年間以上のフルタイムの直接に関連する仕事をしていなければなりませんが、働けるビザを通常はないはずなのでそれができません。

よって、この査定団体がいらない形での就労の仕方を考えた時に出てくるのが、Subclass482の就労ビザです。もしスポンサーが得られると査定団体を無しにして就労ビザを取れる可能性があります。ただし、気を付けることとして上記の最低条件としてある、2年間フルタイムの関連する職業経験をビザ申請前にしておかなければなりません。

この経験をどこで作るかなのですが、それが、ワーホリの時なのか、学生ビザで働いていた時なのか、または別の方法なのか等、色々と工夫することが一般的には出てきます。ただ、これらをクリアーすると就労ビザの可能性が出てきて、そこで少なくとも2年間の仕事経験が積めるので、その後に更に就労ビザの延長や永住権が狙える可能性も出てきます。

いかがだったでしょうか。上記はオーストラリアでマッサージ師として就労ビザを取って働くまでのプロセスなどをお話していますが、別にオーストラリアにいなければいけないことはないですし、ビザの事ですから、保証をするものでもないです。

ただ、これらのプロセスで大事なことが、資格取得×経験年数×英語力となるので、それさえあれば、多くの可能性が出てくると思います。よって、将来マッサージ師の資格を取って海外や日本でも働きたい、オーストラリアに来てからこういったプロセスがあることに気が付いたなど、計画やタイミングはそれぞれだと思いますが、いずれにしてもその時点からしっかりと留学を生かして計画立てれば、可能性は十分にありますのでどうぞ一つの参考とされてみて下さい。

もちろん状況によりここで異なると思いますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

▷▷▷ ジャパセンへのお問い合わせはこちら

 ワーホリで3年間 and more オーストラリア滞在計画
 ワーホリから学生ビザに切り替える選択
 オーストラリア永住権取得への道

オーストラリア

ジャパセンは、オーストラリア専門の留学エージェント

ジャパセンは、長年、留学エージェントとして運営してきています。上記の様な必要な情報を多く兼ね備えていますし、その情報を基に皆さんのご希望に沿った適した学校の案内を得意としています。

一般英語、J-shineなどの英語教師の資格、ケンブリッジ検定試験、IELTS、ワーキングホリデーの方用のお得なコースなどの英語学校の紹介はもとより、その先の進学、専門学校も対応をしています。ビジネス系の学校に行きたい、手に職系の学校に行きたい、永住権につながるコースの選択など、皆さんの現状と目的に沿った学校紹介をしています。

また、ジャパセンは、オーストラリアのTOEIC公式テストセンターに認定されており、TOEIC公式テストの運営や点数アップのためのTOEIC集中講座オーストラリアでも加入ができる留学生保険・OSHC学生保険の代理店帰国後の就職に向けての各種インターンシップ日本の人材紹介会社ホームステイの独自手配など留学に必要な多くの事を手掛けています。また、日本語教師を育てるための日本語教師養成講座を開講オーストラリア人日本語学習者への日本語学校運営及び日本への留学についても取り扱っている会社です。

また、日本には東京と大阪にオフィスを持っているので、日本でもオーストラリアでもサポートができる会社です。

留学に向けて大事なことは、まずは留学をしたいことの目的は何か、それにより将来どうされたいか、などだと思います。ジャパセンではそちらをお伺いして、その目標に沿ったプランを提示させて頂きます。そこには渡航の準備もあるでしょうし、ビザの知識も必要です。また、各学校の特長(地域、授業料、システム、雰囲気など)などもお伝えしながら、良い留学になれる様に、良いコース選択ができる様にサポートをしています。

これから渡航をしようと考えている方、現在オーストラリアに滞在中の方、ワーホリビザを持っていて、その後、学生ビザでオーストラリアでの滞在延長を考えている方など、多くの状況があると思いますが、ジャパセンでアップしているブログ記事ホームページなど参考に、何かあればどうぞお気軽にご相談ください。適切な内容を紹介させて頂ければと思います。

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンはオーストラリア専門の留学会社

ジャパセン オフィス

【日本からオンラインで英語を学習する】

 オンライン学習でジャパセンができる事!
 日本からオンラインで語学学校の英語を受講するメリット

【ジャパセンの語お学学校・専門学校情報】

◇ 語学学校・専門学校情報トップ
◇ オーストラリアの地域(エリア)から選ぶ
◇ 語学学校から選ぶ(目的別英語コースの紹介
◇ 専門学校から選ぶ(ビジネスコース、クッカリー、ビューティーコースなど)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

〇 語学学校・専門学校最新情報ブログ記事
〇 今月のキャンペーン
〇 最初の留学にはホームステイがお薦め
〇 留学を決めたら留学生保険

 オーストラリアに行って見学してから学校を決める方法!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンのオフィスはこちら
 各種無料説明会情報

◇ 就活にアピールできるインターンシップ(企業インターン、ホテル有給、スクールインターンなど多数)
◇ 就活に必須!TOEIC730点以上を目指せ!集中講習と公式テスト
◇ 日本就職サポート(無料登録、英語環境に特化した仕事先を紹介)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*

あわせて読みたい