HOME > 日本語教師養成講座

オーストラリアで学校に通う・資格をとる



日本語教師養成講座420時間(通学・通信)

実践重視だから就職実績多数!BBICollegeの日本語教師養成講座11週間。BBI直営校!外国人に日本語を教えて、多くの異文化に触れよう!

海外にいると、日本人として国際貢献できる仕事の一つに日本語教師がある事に気がつきます。それは日本人自身を生かして外国人相手にできる仕事だからです。

日本語教師になるための資格の一つに、日本語教師養成講座420時間がありますが、オーストラリアでもこれが取得できます!そして実は日本で受講する事と比べると大きな違いに気づかされます。オーストラリアは移民の国なので自然と多くの外国人が生活をしています。日本語教師の生徒は全員外国人ですが、オーストラリアにいると普通に多くの外国人に教える機会を持て、また、多くの異文化に触れます。この異文化を知るという事は将来の指導時にとても役立つ事となります。これらの事は日本では味わえない特長的なことです。尚、コースには通学及び通信があり全て420時間のコースです。ただ、学校によって重きを置いているところ、特長などが異なるので、どうぞご自身に合ったコースを選択してみて下さい。

学校もホームステイも保険も


お得な最新情報が満載★日本語教師養成講座ブログ

日本語教師養成講座ブログ一覧スタッフブログ一覧


こんな人にお薦め!

  • 最短11週間で420時間の資格を取得したい人
  • いつでもどこでも自分のペースですぐにスタートしたい人
  • 将来、日本語教師になりたい人
  • なんとなくではなく体系的にきちんと日本語を教えてみたい人
  • 日本人を生かして何か資格を取りたい人
  • 将来、外国に滞在予定な人
  • 既に日本語を教えているがキャリアアップや知識の整理をしてみたい人
  • JICAで活躍してみたい人
日本語教師養成講座

ジャパセンセンターオーストラリアが紹介をする日本語教師養成講座420時間の資格取得講座は以下の3講座全4コースです。ご自身の目的や環境、目指すべき日本語教師像などによって適した講座が異なりますので、内容を良くご覧頂き、どうぞ適した講座を選択下さい。

  • ジャパセン(BBI)で通学IN Sydney
  • JAPANEASYで通学IN Melbourne
  • WJLCで通学+通信IN Sydney
  • WJLCで通信、どこでも可能

日本語教師になる為の資格です!!

養成講座空き状況

日本語教師養成講座の資格を取って日本語教師になろう!

日本語教師という素晴らしい仕事をご存知でしょうか!
昨今、仕事、生活や趣味など、いろいろな目的で日本語や日本の習慣を学びたい外国人が世界中で増えています。
国際化の流れの中で日本語を必要としている外国人や、日本国内の外国人労働者の増加から本人やその家族が日本語習得を必要としています。

日本人なら無条件に外国人に日本語を教えることができます。でも、日本人は無意識に日本語を使いますが、外国人にはどうしてそうなるのか良くわからない事がたくさんあります。そこで、日本語や日本の習慣を体系的にコミュニカティブに教えられるスキルや資格があると、外国人学習者にとってより吸収力も高く、学習意欲も湧きやすくなります。彼らは、私たちの教える日本語を通して、初めて日本人と日本を知り、そして理解します。日本語教師養成講座など、資格を持った日本語教師がいるからこそ、正しい日本や日本語を理解する外国人が増えます。教えてみてはじめて、日本人であることの喜びを感じ、これだけやりがいのある楽しい仕事はないと認識できます。

では、その日本語教師になるためにはどうしたらいいのでしょう。一般的に日本語教師としての資格など採用条件として以下を掲げる団体が多いようです。

  • 日本語教育能力検定試験合格
  • 日本語教師養成講座420時間修了
  • 大学での日本語学科主または副専攻

以上のいずれかの資格を保持していると基本的に就職することができます。
それぞれの資格には特徴があります。日本語教育能力検定試験は主に日本語教師としての知識や理論を検定する試験です。一方、日本語教師養成講座は、実際の教壇で指導できる力を養う講座です。

ジャパセンでは、このうち、実践力を養う講座、日本語教師養成講座を提供しています 。
海外ではますます日本語の需要が伸びてきています。また、日本では外国人就労がますます増えており日本語学習を必要とする外国人が増えています。この傾向はますます広がるばかりです。
これからますます必要とされる仕事、日本語教師。
日本語教師のこの資格を取得して、このやりがいのある仕事で外国人に夢や希望を与えてください。

ワンポイントアドバイス!

以下にご紹介する内容は、あくまでも参考情報です。ジャパセンが紹介する日本語教師養成講座はどの講座も素晴らしい講座でどちらを受けてもためになり420時間の資格が確実に取得できます。ただ、それぞれ特長があるので、その特長を重視したい場合は以下の内容をどうぞご参考下さい。

教壇で教える力を身につけたいなら:
ジャパセンの母体BBIが運営するBBICollegeシドニーで日本語教師養成講座420時間をお薦めします!この講座は全11週間の間に毎日のように模擬授業が課されます。その模擬授業は、リレー形式ではないので、授業の導入、授業本番、練習、終了まで一貫して対応を課されます。そのためには事前の教案の作成、教材の作成が必要でその都度準備しなければなりません。また、それに対しての何が良い点か、改善点は何かのディスカッションがあります。講師や同期含めてより良い授業をするためのブレーンストーミングをここでトコトンやるので、他者の模擬授業まで自分の事として全てを吸収できることもポイントです。それを毎日対応していくので教壇での日本語教師としての実践力はかなりつきます。また、併設の日本語学校BBIC Japanese Language Schoolに通学するオーストラリア人日本語学習者に対して授業を毎週行っていることも特徴的でいかに教壇で授業をして頂くかに焦点を当てています。尚、日本にある日本語教師養成講座機関ではこの実践部分が420時間中の一部であることが多いことと比較したときに、間違いなく実践に時間を多く割いた講座であり、そのことに重きを置きたいならこのシドニーで日本語教師養成講座が最適です!
すぐに始めたい、自分のペースで受講したい、間接法も学習したいなら:
通信で日本語教師養成講座420時間をお薦めします!この講座は全て通信講座で受講することができるので、世界のどこにいても受講できるのが最大の特長です。また、通信講座ですのでご自身のペースで進めることができ、仕事が忙しいなどの理由で授業に参加できないという受講ミスが皆無で、通信でありながら80%以上の方が修了するという驚異の修了率も特長です。また、余計なコストをできるだけ省き費用の低価格化を実現した日本にある通常の通学のコースの日本語教師養成講座のおおよその費用は60万円程度ですが、この講座はその1/3~1/4程度の受講費用で受講できることも特徴で、もちろん間違いのない文化庁の指針に沿った420時間の資格です。更に、英語を使って日本語を指導する間接法も学習できることもこの講座の特長です。このような特徴を期待しているのなら、この通信で日本語教師養成講座が最適です!受講生数は3つの講座の中で一番多い実績があります。
最短11週間の短期間で修了したいなら:
シドニー、メルボルンで日本語教師養成講座420時間をお薦めします!これらの講座は通学コースでありながら、全11週間で420時間の資格が取得できることができます。また、短期間でありながら、いずれの講座も実践重視の授業方針なので、実技の授業も行い、同時に教案作成や教材作成も必要です。従って、かなり忙しく毎日を過ごしますが、その分集中して望むことができ結果として約3ヶ月間程度で日本語教師養成講座420時間を取得できます。尚、シドニーとメルボルン講座には、日本語教育能力検定試験対策のための授業もあり、この事も視野に入れている方にもお薦めです!

日本語教師養成講座徹底比較 あなたはどっち!? 通信と通学

※日本の養成講座期間はBBIが調査した一般的な内容です。詳しくは各機関に内容をお問合わせ下さい。

1: 費用が安いのは?
一番安く420時間の資格が取れるのは通信コース。日本の日本語教師養成講座機関の約1/4~1/3。通学コースは日本のそれの約3/4。尚、通信コースはクレジットカード決済も可能。
2: 実践力がつくのは?
BBIの通学コースが一番時間を割いているのが模擬授業時間。日本の日本語教師養成講座機関よりもずっと多い割合です。通信コースはそれを補うためにDVDなどを見て学ぶ教材があります。
3: 継続しやすいのは?
自分のペースで進められるのは通信の特徴、そして80%以上も修了しています。通学はオーストラリアまでわざわざ行くのでコース途中で脱落しません。日本では会社、大学等の都合で受講ミスの可能性も。

4: 早く終了できるのは?
通学コースは約3ヶ月間、通信コースは早い人は半年間、日本の日本語教師養成講座機関は修了まで1年間の設定のところが多いようです。
5: 始めやすいのは?
いつでも好きなときから始められるのが通信コース。通学コースはシドニーの場合、年8回のスタート日設定。日本の日本語教師養成講座機関は年2回程度。
6: 日本語教師として活躍できるのは?
どの日本語教師養成講座も日本語教師の資格として認められています。修了すれば誰でも日本語教師になれます。尚、BBIのどのコースもそれぞれ文化庁のガイドライン、新シラバスに準拠したコース内容です。

日本で日本語教師の就職を目指すホップ・ステップ・ジャンプ

日本語教師養成講座 就職へのフロー
ホップ
日本語教師養成講座を修了するところからスタート。就職のためには実践力をどれだけ身に付けているかが鍵、BBI通学コースは特にお薦め。
ステップ
そのまま日本で就職できた卒業生もいらっしゃいますが、日本の就職事情は日本語教育能力検定試験合格(合格率約18%)など、複数の資格保持や経験年数が問われることが多いです。一方アジア圏の国々では日本語教師養成講座を修了した(資格習得)のみで専任講師(有給)として就職できる確率がとても高く、特に通学の講座修了だと実践力がより付いているので多くの卒業生が就職している実績があります。まずはアジアで経験を。これが、お薦めるキャリアアッププランです!
ジャンプ
アジアの国で数年キャリアを積んでいることがここで生かされます!いざ日本で就職へ。専任講師として実践経験が数年あるのでより就職しやすくなります。


みんなのリアルな体験談レポート



講座やプログラムのお問合せ・ご相談

各回6名!オーストラリアで無料説明会

迷っている方もご相談ください!日本語教師養成講座お申し込み

NEXT STEP 日本語教師養成講座が終わったら・・・

PAGE TOP ▲