ワーキングホリデービザから学生ビザに切り替える

ワーホリから学生ビザに切り替える選択

コロナ禍がオーストラリアで顕著に始まってから半年は過ぎました。いまだにオーストラリアに何かしらのビザで滞在をしている人たちは、そろそろ、ビザの有効期限が迫ってくるので、次のステップを考えなければいけない方々も多いのではと思います。

その内、ワーキングホリデービザでオーストラリアに来た方々で、

〇 セカンドワーホリビザが取れる準備ができなかった
〇 セカンドワーホリビザ取得条件がクリアーできなかった
〇 もともとセカンドを取るつもりはなかった
〇 まだ帰国はしたくない

などと思われていて、滞在を延長したいと考えている方は、間違いなく学生ビザに切り替えることが妥当な方法となります。オーストラリアの学生ビザは条件さえクリアーし、授業料を支払っていれば取得できまた保持できるビザなので、そういった意味では、どなたにでも取得が可能な勝手のいいビザという事が言えると思います。従って、ここでは、ワーホリビザから学生ビザに切り替える時に必要なことをお話してみたいと思います。

学生ビザに切り替える時の準備で必要なこと

上記の通りに比較的簡単に取得できるビザと伝えましたが、当然、その準備にはいろいろと出てきます。また、この学生ビザを取得したからおしまいというわけではなく、その後、オーストラリアで滞在し生活をしていかなければなりませんので掛かるお金の事などもしっかり考えていなければいけません。

従って、単に学生ビザで滞在を延長したいという事ではなく、しっかりとどうしてそれを申請するのか、取得後はどうするのかなども考えた上で、実際の準備や手続きをしていく事がまずは大事なこととなります。

オーストラリアの学生ビザに切り替える理由や意思は何?

その中でまずは一番大事なのが、なぜ、学生ビザに切り替えて滞在を延長するのか?という事です。ここがしっかりとしていないとその後の計画が中途半端なものとなってしまう可能性があります。いくら比較的簡単に取れるビザだからと言って、外国で外国人として生活することは変わらないので、それっていうのはそのビザにとらわれない、社会保障や健康保険など国からのサポートが普通にある日本とは違うという中で、生活をしなければいけないことに大変さや難しさがあるという事です。よって、どうして滞在を延長をしたいのかをしっかりと考えて臨むことがとても肝要です。少なくとも生活をしていく事は簡単ではないことをきちんと意識して臨んでいくようにしましょう。

とは言っても、目的が明確になって計画的にできるとも限りませんし、途中で方向性が変わることもあります。まずは滞在を延長してその後にしっかりと見定めていきたいという事でも、上記の事を理解しているのであれば問題はありません。その場合には将来的にどういった方向に行っても大丈夫なような学校選択をすればいいという事です。目的がしっかりとしていれば、最初からその目的が叶えられるような学校選択となるので、恐らく回り道とはならないとは思いますが、最初に目的がしっかりとしていないと回り道になる可能性もあるという事だけは留意して臨んでいきましょう。

学生ビザで具体的な準備ですべきこと

では、オーストラリアで学生ビザに切り替えるにあたって具体的に準備をすることをお知らせしたいと思います。

①できるだけ目的を明確にすること
②その目的に沿った学校やそのコースを選択する事
③該当する学校情報の収集と見学などで絞り込むこと
④ビザ申請に必要な資料を整える事

①は、上記で述べた通りです。できるだけ明確に目的が設定できるとその後の計画が立てやすいです。

②は、例えば、コースとしては、英語をブラッシュアップしたいという英語関連のコース、ビジネス系のコース、手に職を身に着ける系のコースなどの大別されます。目的が明確であるとそれに沿った学校やコース選びができると思いますが、それが難しい場合はビジネス系の専門学校のコースを選択するとその後がいろいろな選択肢を持ちながら進めることができるので恐らくそれがいいと思います。

③は、②である程度方向性が決まった後に、同じコースでも学校によって、授業料が異なったり、サポート内容が異なったり、入学日が異なったり、日本人比率が異なったり(必要な人は日本人同士の手助けがあった方がいい場合があります)、違いが様々あります。よって、決定するために該当するコースが決まった場合は、そのコースを提供している学校見学をすることは一つの方法です。学校の担当のカウンセラーなども会っておくと入学後の手助けにもなると思いますので、それらをしながら、絞り込んでいくといいでしょう。

④は、そうやって行く学校を決定した後は、実際に学生ビザを申請するための資料の準備にかかることとなります。主にはGTEの作成、日本から最終学歴の卒業証明書の取り寄せ、英語力証明書の取り寄せ、OSHC学生保険の加入などです。

これらをしっかりと計画的に準備することが必要ですが、最低でも現在のワーホリビザの滞在有効期限の2か月前くらいからは上記の準備に取り掛かりましょう。

 オーストラリア学生ビザ取得マニュアル

ビザ取得後の生活サイクル、掛かるお金の事

どういったコースで就学するかによりますが、基本的に学校に通学することが必要です(現在のコロナ禍の場合はオンラインでの受講も設定されている学校が多いです)。英語系の学校であれば週に4~5日の通学、ビジネス系であれば週に1~2日、手に職系であれば週に2~3日間程度の通学パターンとなります。既定の出席率を維持する事はその後にもし学生ビザの延長をすることが出てくるときには必要なファクターなので、基本的にはしっかりと出席してください。

ただ、学校によって、コースによって、しっかりと課題が提出されそれが必要なマークが取れているのなら学校への通学日数が少なくても問題がないケースもあります。ビジネス系の学校で多いアサイメントベースと呼ばれるその内容ですが、いずれにしてもしっかり学習し、しっかり課題を提出し、それが学校が満足のいく内容であることが必要なのでそれができる生活サイクルとしなければいけないこととなります。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

オーストラリアの学生ビザのいいところは、アルバイトなど働くことができることが許可されていることです。他の主な欧米圏の学生ビザではないシステムですので、この特徴があってオーストラリアを留学先として選択する人も多いです。アルバイトができるという事は生活に必要なお金を稼ぐことができますし、もちろん授業料なども稼ぐことができます。

授業料は、学校によって、コースによってまちまちですが、ビジネス系の学校では、1か月間500豪ドル程度と考えておくと一つの目安となります。実際には学期ごと(約3か月間)の分割支払いとなるので、1500豪ドル/学期の支払いとなります。よって、授業料のみでも1ヶ月500豪ドルの貯金をしなければなりません。他にもちろん滞在費、食費、娯楽費なども必要なので、贅沢するわけではないですが、一般的に1700豪ドル/月くらいの稼ぎがあった方がいいです。

 お金の事などオーストラリアで滞在延長を決めたら考える事

お金含めて、いざ、学生ビザで滞在を延長する場合は、いろいろなことが当然かかることも頭に入れて準備や対応をされてみて下さい。

コロナ禍の特典、多くの学校が割引決行

学生ビザに切り替えて大事なことは、上記の通りに授業料などお金が一定額掛かるという事です。それが安いに越したことはないと思いますので、学校が提供する授業料等がどうなのかという事もしっかりと情報収集して決定してみて下さい。

ご存じの方も多いかもしれませんが、現在コロナ禍の環境なので、各学校も少しでも皆さんがいい形で勉強ができる様にと費用面含めていろいろなサポートを提供しています。入学金免除とか、上記授業料を割り引いたりとか、様々な取り組みをしているので、是非それは利用しましょう。オンラインでの授業を提供していることもあるので、通学の時と比べて環境が異なることもありますが、授業内容は基本的に変わりありませんので、割り引かれた費用額がどうなのかという事からも学校を選択するという指標となるかもしれません。そのこともとても大事なのでしっかりと情報を収集して学校選択をしてみて下さい。

ジャパセンは、専門学校紹介を得意とする留学エージェント

ジャパセンは、長年、留学エージェントとして運営してきています。上記に必要な情報を多く兼ね備えていますし、その情報を基に皆さんのご希望に沿った適した学校の案内も得意としています。また、ビザエージェントではないのでお金を頂いてのビザサポートはしていませんが、当然学生ビザに切り替えるには学生ビザを申請して取得しなければなりません。ジャパセンでは、当然これまでの経験があるので、その経験を生かして、学生ビザが取得できるように皆さんの学生ビザ申請のサポートをしています。

そこには、ビザ申請にあたって知っておいた方がいい事など多くの知識と経験があります。実際にこれまで100%学生ビザが取得できていますので(注、学生ビザを取得することを保証していることではありません)、その経験を生かして今後も学生ビザを申請される方々のサポートをしていければと思っています。

大事なことは、まずは学生ビザを取得することの目的は何か、そしてそれに沿った必要なことは何かをお伝えしながら、授業料や学校のシステムなど踏まえて学校を絞り込んでいき、その後は、具体的に学生ビザを申請する準備を進めることとなると思います。

現在ワーホリビザを持っていて、その後、学生ビザでオーストラリアでの滞在延長を考えている方、是非、上記を参考に今後の準備を進めてください。もちろん何かあればどうぞお気軽にご相談ください。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

【日本からオンラインで英語を学習する】

 オンライン学習でジャパセンができる事!
 日本からオンラインで語学学校の英語を受講するメリット

【ジャパセンの語学学校・専門学校情報】

◇ 語学学校・専門学校情報トップ
◇ オーストラリアの地域(エリア)から選ぶ
◇ 語学学校から選ぶ(目的別英語コースの紹介
◇ 専門学校から選ぶ(ビジネスコース、クッカリー、ビューティーコースなど)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

〇 語学学校・専門学校最新情報ブログ記事
〇 今月のキャンペーン
〇 最初の留学にはホームステイがお薦め
〇 留学を決めたら留学生保険

 オーストラリアに行って見学してから学校を決める方法!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンのオフィスはこちら
 各種無料説明会情報

◇ 就活にアピールできるインターンシップ(企業インターン、ホテル有給、スクールインターンなど多数)
◇ 就活に必須!TOEIC730点以上を目指せ!集中講習と公式テスト
◇ 日本就職サポート(無料登録、英語環境に特化した仕事先を紹介)

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*

あわせて読みたい