安くしっかりと!13万円台で日本語教師への夢を!

安く日本語教師に!日本語教師養成講座

ジャパセンでは、オール通信とオール通学の日本語教師養成講座420時間を開講しています。ご存じの通りに、日本語教師になるには、

日本語教師になるには、

◎日本の大学にて日本語教員改定のコースを履修する
◎日本語教育能力検定試験に合格する
◎日本語教師養成講座420時間を修了する

の3つのいずれかの資格を取得することでなることができます。このうち、日本語教師養成講座420時間は、日本語教師として知らないといけない文法や理論含めてその知識を学習できることと、更にその知識を使ってう教えるかの指導方法をしっかり学習できることが特長です。

もちろん他の資格でも日本語教師になることはできますが、たとえば日本語教育能力検定試験合格はいい資格ですが、指導方法に関して実践的にとらえて対応ができる試験提供内容ではないのでなかなかそれを計ることは難しく、実際にその試験勉強では、実践をするわけではないので、その点が懸念されるところとなります。

また、大学での主または副専攻は、こちらもきちんとした内容ではありますが、同様に日本語教師としての知識等は多く学習する環境ですが、指導方法など実習に関して多く実践をするところに難しさが伴う事も多いカリキュラム形態が多いようです。

そんな中、日本語教師養成講座420時間は、指導方法についても言及しており、その実習も行っている講座なので、実習の点に少しでも自信をもって対応ができる様に講座仕立てをしています。よって、日本語教師になる資格は3種類ありますが、いざ日本語教師として活躍をする時に、知識だけではどう授業をしていいか不安であるところ、この日本語教師養成講座はその指導方法の学習ができますし、講座内で実践に触れているので、いざ日本語教師としてデビューする際にもできるだけ自信をもって対応ができる様に講座づくりをしています。

また、日本にある講座でも年2回程度の開講日を設定しているところもありますし、ジャパセンの通学コースは年8回の開校日設定や、通信講座に至ってはいつでも受講開始が可能なので、資格を取りたい時に対応がしやすいのが、この日本語教師養成講座420時間の特長ともなります。

そんな日本語教師養成講座ですが、ジャパセンが持っている日本語教師養成講座420時間のうち、通信で日本語教師養成講座420時間は、安い授業料で受講できる事も特長の一つです。この通信で日本語教師養成講座420時間は、1740豪ドルで講座を提供しています。

もしこちらを日本にいる方などが、日本円でお支払いをされる場合は、その時の為替レートを適用して対応をしていますが、その時の日本円とオーストラリアドルとの為替の関係で、日本円に換算するととても安いケースが出てきます。これまで、長いことこの両国の為替レートを見ていますが、1豪ドルが100円を超えた時もあれば、1豪ドルが60円台となったこともあります。

この為替レートがみそとなるのですが、日本円に換算すると、1豪ドルを100円で換算する(買う)時と60円で換算する時とでは、60円で換算する時の方がもちろんお得となります。これが円高傾向(円が強い)であるときの特長です。具体的には以下を参考にしてみてください。各レートに講座費用1740豪ドルをかけて算出をします。

1豪ドル=100円の時: 174000円
1豪ドル=90円の時: 156600円
1豪ドル=80円の時: 139200円
1豪ドル=70円の時: 121800円

今日2020年10月26日の三菱東京UFJ銀行の送金レートTTSは、1豪ドル=76.65円でした。つまり

1豪ドル=76.65円の時: 133370円
※1円台は切り捨て
※ジャパセンはオーストラリアへの海外送金手数料は頂いていません(通常4500円程度)

の金額となります。つまり、本日お申込みをすると上記の費用でこの通信で日本語教師養成講座420時間が受講できることとなります。

オール通信という内容ではありますが、日本にある日本語教師養成講座機関が提供する講座は60万円前後が多いので、比べると四分の一程度の費用で同じ420時間の修了証がもらえるのでその意味でもとても価値のある講座となると思います。

もちろんオール通信とオール通学とでは授業で提供される内容に違いが出てくるでしょうから、一概には比較できませんが、日本国内にいても通学したくても近くに通学ができる日本語教師養成講座機関がない場合も首都圏など大きな都市以外では、結構普通にあり得る事で、またこれが地方や離島などの地域であればなおさらのこと、通学したくてもそれができない環境下となることが多いのではと思います。

また、実は海外に住んでいる日本人の方が、この講座を受けられることも多いのですが、海外にお住まいの方であればなおのこと、近くに日本語教師の資格が取れる機関もないはずです。従って、授業料が安いだけではなく、勉強したくてもそういった機関が近くにない方に対しても、この講座は日本語教師として必要な知識を習得できますし、また直接法及び間接法でも指導方法を学習できるところに特徴があります。

講座費用が安い事だけが全てではないと思いますが、四分の一程度で420時間の修了証が発行されることは、日本語教師に本格的になりたい方には魅力の一つになるのではと思います。講座内容は日本語教員になるための講座内容を網羅していますが、当然通信講座であることから足りないと感じるところもあると思いますが、日本語を使って日本語を指導する直接法の指導方法もさることながら、英語を使って日本語を指導する間接法の指導方法も学習できるなど、多くの特長的な利点もあるので、総合して考えた時に選択いてもいい講座であるかもしれません。

ここ最近の流れを見た時に、本日のレートは日本円に換算した場合にとてもいいレートだったので、今日はこの件、お知らせします。日々為替レートは異なるので、その時のレートの換算額となりますが、上記1豪ドル、60円から100円の時の日本円換算額をご参考に選択をされてみて下さい。

有効期限3年間の日本語教師養成講座

この通信で日本語教師養成講座420時間は、全体で3年間の受講の有効期限があります。通常皆さん半年間から1年間程度で講座を修了されていますが、急遽受講ができない期間が続いたとか、お申し込みをしたもののなかなかスムーズに受講ができない事などもあり得ると思います。

そういった場合でも上記の通りに平均1年間以内で皆さん終了されているので、3年間の有効期限は十分すぎるくらいの猶予期間があるので、多くの方がそれまでには終了をされています。また、何かしらの理由があり学校が認められればそれ以上に期限を延長することも可能なので、一所懸命勉強したい気持ちがあれば、基本的には最後まで修了することもできます。

また、他の多くの通信講座が15%程度の修了率であるところ、この通信で日本語教師養成講座は80%以上の方が終了しているなど、あらゆる通信講座の中で驚異的な修了率を持っている事も特長です。つまり、ほとんどの方がきちんと修了できる講座内容であり、講座仕立てをしているので、修了することに関してもどうぞ安心して臨んで頂ければと思います。

 体験談/受講感想文!通信で日本語教師養成講座420時間

従って、考え方によっては、費用が安い時にお申込をして、その後少し時間がたってからスタートを仮にしたとしても有効期限が3年間あるので、十分にそれまでに修了ができるという受講の仕方も考えられますし、実際に日本円換算額が安い時にお申込をまずはしてしまって、のちに受講を開始される方もたくさんいらっしゃいます。ご自身が興味を持たれた時に開始されるのがもちろん一番多いですが、できるだけ安く対応をしてみたいと思われる方は、こういった豪ドルと日本円との為替レートに注目をしながら対応をされてもいいと思います。以上一つのお申し込み方法としてご参考ください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【通信で日本語教師養成講座420時間概要】

受講費用: 1740豪ドル(目安:139200円、1豪ドル=80円として計算をした時)
受講時期: いつでも受講開始可能
受講場所: ご自身の住んでいる場所で通信で学習いただきます(途中で引っ越し等があっても問題ありません)
受講期間: 平均、半年間から1年間
受講猶予期間: 最大3年間まで
課題: 全20回の課題を提出。1課題10問ずつの設問に記述式で回答
講座の進め方: テキストに沿って1課題ずつ学習し最後に課題を提出。その後添削されて戻ってきてから復習をし、次の課題へ。
受講環境: インターネットが通じる環境であればどこにいても可能

お申し込み方法: 以下のオンラインからお申込み
> 通信で日本語教師養成講座420時間お申込み

授業料支払い方法: クレジットカード(最大5回までの分割可能)またはオーストラリアか日本の口座へご送金
受講開始: お申し込み後、すぐに教材発送手続き
※コロナウィルスの関係で現在2~4週間程度到着まで時間がかかる場合もあります ⇒ 通信で日本語教師養成講座、教材遅延の恐れ

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【通信で日本語教師養成講座420時間の特長】

〇学習場所を選ばない
日本にいてもオーストラリアにいても世界のどこにいても受講が可能です。日本の場合は、通学したいものの立地上、通学が難しい方にも最適です

〇受講条件がない
どなたでも受講が可能です。年齢、学歴、職業等関係なく受講したいと思った方どなたでも受講が可能です。

〇安い授業料
恐らく420時間の日本語教師養成講座の中で最安値の講座費用だと思います。オーストラリアドルで1740ドルですが、例えば為替レートが1豪ドル=70円だとした場合121800円で420時間の修了証が取得できます。日本の日本語教師養成講座の費用の約1/4の費用です

〇間接法も習得できる
この日本語教師養成講座は基本的には直接法(日本語を使って日本語を指導する指導方法)が主体の講座が多いです。この通信講座もその直接法ももちろん学習しますが、英語を使って日本語を教える間接法も学習します。この間接法は実はビギナーレベルの日本語学習者にはとても有効な指導方法で、従って、それを習得することによりいろいろなレベルの日本語学習者に適切に指導することが可能です。また、英語話者に詳細指導をしたい場合はこの講座はより最適な講座です。

〇正規な日本語教師養成講座420時間の修了証発行
全ての課題(全20課題)を修了すると英語と和文にて修了証の発行をします

〇驚異の修了率
通常通信講座は途中で断念をしてしまう可能性があるとよく言われていますが、この講座は修了率80%以上です。一般的な通信講座が15%ほどの修了率と言われていますのでそれと比べると驚異の修了率です。これは、添削をする講師からの指導が継続をしたい気持ちにさせるためと評価を受けています。

〇日本語教育能力検定試験に向けても網羅
日本語教育能力検定試験合格という、こちらも日本語教師になるために必要な資格がありますが、この講座内でその内容にも多く触れて対応をしています。日本語教育能力検定試験用のテキストも含まれており、将来的にこちらも受験できるように対応をしてます。多くの卒業生がこの試験にも合格している実績があります。

〇オンラインで日本語を指導する方法
コロナ禍の関係でZoom等を使ってのオンラインでのミーティングやセミナー、そして授業など、伝え方、指導の仕方など多くの変化がありました。この講座では、その変化にも対応ができる様にFace to faceの指導のみではなく、オンラインを使って日本語を指導するスキルも新しく講座に導入しています。このスキルを習得することで、こちらも世界のどこにいても日本語が指導できるようになってくると思います。

【こんな方にお薦め ‐ 通信で日本語教師養成講座420時間】

◇ 将来、日本語教師を目指している
◇ 日本や日本語、日本文化を外国人に教えることに興味のある
◇ 直接法、間接法の両方を習得したい
◇ リーズナブルに420時間の資格を取得したい
◇ 英語を使って日本語を指導したい!
◇ 海外において現役の日本語教師だが、キャリアアップとしての資格取得
◇ 現在海外在住者で本格的に日本語指導法を勉強をしてみたい
◇ 地方に住んでいるので通学して受講することが難しい

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

 日本語学習者用の教科書付き!日本語教師養成講座420時間

 日本語教師に朗報!ますます増える世界の日本語学習者数
 ジャパンファンデーション(国際交流基金)海外日本語教育調査

通信で学習できる日本語教師養成講座420時間

この通信で日本語教師養成講座420時間の最大の特長は、世界のどこにいても通信という手段を使って学習ができるという事です。それこそオンラインでの学習が普通になってきている現在ですが、30年以上も前からこのスタイルで、日本語教師養成講座の受講を促してきました。それは、日本であったとしても離島に住んでいることから学習したくても通学ができないなど学習機会に不平等さがあったことや、オーストラリアの学校から配信をしていますが、オーストラリアなど、海外に暮らしていると身近な外国人に日本語や日本文化を教えることがとても多く、それは世界のどこででも起きている普通の事象であるだろうと予想できることから、世界に既に住んでいる又は留学等で一時的に滞在をしている日本人が、この日本語をきちんと教えたいという気持ちを持つことが普通であるだろうと思い、その方々のためにも通信という手段を使って日本語教師の知識や指導方法を習得できる講座として開発したのです。

よって、当然、日本語教師が知らなければいけない例えば、音声学やローマ字表記での日本語などの知識、文法、指導方法などが必要なすべての知識とスキルを網羅した講座として皆さんに提供をしています。

毎年500名前後の方々が卒業をされていきますが、講座を修了された方は、その住んでいる国で日本語教師として活躍をされている方々は当然のごとく多く、また、日本国内でも日本語教師として活躍をされている方々もとても多いです。また、それこそオンラインで日本語教師として活躍をされていく方々も現在増えているところです。

 オンラインでの授業形態が今後増える可能性があります!

現在、コロナウィルスの影響で、世の中は、インターネットに頼る生活にシフトしてきていると思います。教育においても同様に、Zoomなどを使ってオンライン上での英語の授業があったり、企業でもオンライン上でミーティングをしたりと、逆にこういった方法を考えさせられたきっかけにもなったかもしれません。

そのこともあって、オンラインを使った形でのサービスの提供は今後も注目を浴びる内容となりえ、実際に多くの英語学校が英語の授業をオンライン上で取り入れています。日本語の授業に関しても以前よりオンラインで行われているものもたくさんありますが、それに拍車をかけてくる可能性があるのではと予想されます。

従って、この通信で日本語教師養成講座420時間の講座内容の中に、このオンラインで授業をするにはどうしていけばいいかを導入しています。今後オンラインを利用して世界中の日本語学習者相手に授業をすることも大いにあり得る事だと思いますし、新しい日本語教師の仕事方法となると思います。こういったところも是非、この講座で多く吸収して今後に備えて頂ければと思っています。

【ジャパセン(BBI)が適用する日本語教師養成講座420時間】

通学コース: BBICシドニーで日本語教師養成講座(全11週間)
通信コース: WJLC通信で日本語教師養成講座

≪ジャパセン(BBI)の学校部門≫

 ジャパセンのTOEIC集中講習及びTOEIC公式テストセンター
 日本語教師養成講座420時間
 BBIC Japanese Language School in Sydney

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【ジャパセンの語学学校・専門学校情報】

◇ 語学学校・専門学校情報トップ
◇ オーストラリアの地域(エリア)から選ぶ
◇ 語学学校から選ぶ(目的別英語コースの紹介
◇ 専門学校から選ぶ(ビジネスコース、クッカリー、ビューティーコースなど)

〇 今月のキャンペーン
 オーストラリアに行って見学してから学校を決める方法!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

 ジャパセンへのお問い合わせはこちら
 ジャパセンのオフィスはこちら
 各種無料説明会情報

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *

あわせて読みたい